@個の魅力戦略で月収10万の自動収入の仕組み構築

かめ太公式アカウント長方形バナー

韓国ドラマ(時代劇)の時代変化から学ぶMLM成功のヒントとは?

ネットワークビジネス(MLM)という言葉に「あなたはどのようなイメージを思い浮かべ、ネットワークビジネス(MLM)に取り組む人たちを見てどんなことをお考えでしょうか?」

「稼げないビジネス、稼ぐのが難しいビジネスにどうしてあんなに一生懸命取り組んでいるのか理解できない」と思われている方も多いのかも知れません。

ここでは、「韓国ドラマ(時代劇)の時代変化から学ぶMLM成功のヒントとは?」について話していきます。

対象読者は、「ネットワークビジネス(MLM)って本当に稼げるのかな?」と思っているネットワークビジネス(MLM)未経験の方ですが、経験者が読まれても気づきはあると思います。

かめ太

なぜなら、相反する要素を調和させて進化・発展してきた韓国ドラマ(時代劇)の時代変化について深く考察し、そこからMLM成功のヒントを見い出したからです。

ネットワークビジネス(MLM)って本当に稼げるの?

ネットワークビジネス(MLM)は、確かに目先の収入だけ考えたら本当に稼ぎにくいビジネスだと私も思います。「人にもやらないほうがいいよ!」とアドバイスしています。

かめ太

実際、勤務先の経営者が「MLMをやると言った時も反対しました。そんに甘くないよ!」と。

あなたが今お腹がペコペコで直ぐにでも何か食べたいと思っているのに、わざわざ買い出しに行ってカレーを作って食べないのと一緒で、今お腹が空いていたら直ぐに食べれるものを食べるのが当たり前の行為だと思います。

同様に、あなたが今即金が欲しい状態なら、わざわざ先々の権利収入を目指して取り組まなければならないネットワークビジネス(MLM)に参加するのは、絶対にお勧めしません。

日銭が稼げるアルバイトに行くことをお勧めします。

たまにネットワークビジネス(MLM)を批判するような記事の中に「数百万円の借金を背負ってネットワークビジネスは詐欺だという方もいます」と書いてあったりしますが、

私は今まで数十年ネットワークビジネス(MLM)業界を見てきましたが、ネットワークビジネス(MLM)で数百万の借金を背負った人は一度も見たことも聞いたこともありません。

かめ太

パチ●コに負けて借金してパチンコ屋さんのトイレで首●●自殺したという話は、聞いたことがあります。

もし、数百万借金できるくらいの能力のある方なら金融リテラシーも持っているでしょうし、そういう方が自分のビジネスの失敗を他人のせいやネットワークビジネス(MLM)の仕組みのせいにするとは考えられません。

ネットワークビジネス(MLM)に取り組む人たちの中には、一般常識と乖離した変態行為を行う輩がいるため、MLM業界全体にまで風評被害が及んでいるのは事実かもしれませんが、

だからと言って、ネットワークビジネス(MLM)自体に罪はありません。ネットワークビジネス(MLM)は合法なビジネスモデルの一つにしか過ぎません。

フランチャイズや代理店ビジネスと何ら変わらないビジネス手法な訳ですから、その手段に善悪はありません。ナイフも使い方によっては殺人の凶器にもなりますが、人を救うメスや人を喜ばせる料理人の包丁にもなります。

同様にネットワークビジネス(MLM)も成功するための手段(道具)ですから、いわゆる「成功のハシゴ」だと言えると思います。

ハシゴで大事なこと
  • ハシゴがどんな足場に置かれているのか?
  • ハシゴの掛け先がどこに掛けてあるのか?

この2つが重要です。ネットワークビジネス(MLM)において言えば、

MLMで大事なこと
  • MLMはどんな足場(動機)に置かれているのか?
  • MLMの掛け先(目的)がどこに掛けてあるのか?

という動機と目的の2つが重要だと思います。正にこれは、行動のベクトルを意味しています。始点(動機)と終点(目的)が善に向かえば、行動のベクトルは善だと言えると思います。

そうは言っても、ネットワークビジネス(MLM)の会員の勧誘活動に関わるコンプライアンスの問題を考慮すると、理想と現実に大きなギャップがあるのも紛れもない事実だと思います。

ネットワークビジネス(MLM)否定派の方の意見である、「現状としてネットワークビジネス(MLM)で稼ぐことは難しいと判断しております」という意見に反論の余地はありません。

ネットワークビジネス(MLM)で権利収入を得るためには、勧誘行為が必須で、そのため大多数の人たちは苦戦を強いられ、人間関係にヒビが入り、信用・お金・時間を失って辞めてしまう人も多くいるのは事実だと思います。

凡人でも成功できるビジネスの選択肢が沢山あるなら良いのですが、ネットワークビジネス(MLM)を批判されるものの、それに代わる代案が提示されていないのも事実だと思います。

平成30年は「副業元年」と言われるほど起業が身近なものとなり、ネットワークビジネス(MLM)以外にもビジネスモデルは確かに増えました。

しかし、SNSでインフルエンサーとして成功できる人はそれこそ限られていますし、アフィリエイトや物販ビジネス、また近年の流行りだとクラウドファンディングで資金を調達できる人も実は限られていると思います。

ネットワークビジネス(MLM)を否定した記事を書いて人々の注目をひき、あなたの味方ですよ的な立場に立ってから、自分の教材・商材を売り込む巧妙なテクニックもあるので注意が必要だと思います。

注意点
  • ビジネスは、どのビジネスでも簡単に稼げるものはない
  • ビジネスは、どのビジネスでも直ぐに稼げるものはない
  • ビジネスは、どのビジネスでも容易に稼げるものはない

という視点に立っていないと、直ぐに悪徳業者に騙されてしまいますので本当に注意してください。

かめ太

稼ぎたい欲が強ければ強いほど、詐欺に引っ掛かりやすくなると思います。

MLM勧誘時の注意点
  • アポをとり勧誘を行う際は、事前に「ネットワークビジネスの勧誘だよ!」と伝える
  • 商品の誇大広告(ネットワークビジネスの商品で癌が治ったなど)をしてはいけない
  • 収入について「絶対儲かるよ!」など断定してはいけない
正しいMLM勧誘の仕方
  • 「人々に毛嫌いされているイメージが最悪なネットワークビジネス(MLM)の勧誘の話だよ!」と伝える
  • 「病人探しをしているような狭いターゲット層の商品を扱っている人はビジネスで苦労するね」と伝える
  • 直ぐに儲からないし、簡単に儲からないし、楽にも儲からない「超難しいビジネスモデルだよ」と伝える

ここまでの中間まとめ

ネットワークビジネス(MLM)は合法であり、1つのビジネスモデルに過ぎません。しかし、「時代に沿っているビジネスモデルなのか?」という問いに対しては、いいえと答えざるを得ません。

風評被害が大きく規制が世界一厳しいのが日本のネットワークビジネス(MLM)業界だと言えます。この状態ではネットワークビジネス(MLM)を選択するのは「飛んで火にいる夏の虫」の自殺行為であり、「万事休す」だと思います。

そこで、ここから視点を変えてネットワークビジネス(MLM)の未来を考えていきたいと思います。

韓国ドラマの時代劇の時代変化とは?

韓国ドラマの時代劇は、時代劇という一貫性を守りながらも変化する顧客のニーズに併せながら進化・発展してきました。

時代劇という一貫性を守ってブランド化していくことと市場の欲求に応えることは、本来、相反するものだと思います。

ある部分は「変化に対応」しながらも、ある部分は「継承して一貫性を保つ」こと、つまり、現代人が要求する面白さ、現代人が共感できる面白さを兼ね備えながらも時代劇というアイデンティティは失わないようにすることは言うほど簡単なことではないと思います。

しかし、韓国ドラマの時代劇を時系列で見ていくと、市場のニーズ変化と時代劇の一貫性のせめぎ合いの中で、芸術的とも言えるレベルでそのバランスを保ってきたことが見て取れます。

これが、韓国ドラマ時代劇を時系列順に見る意義だと個人的には思っています。また、ドラマの時代背景を時系列でつなげていくことで、韓国の時代認識も深まるので価値ある見方だと思っています。

なぜ、韓国ドラマ時代劇の時系列が重要なのか?

なぜ、韓国ドラマ時代劇の時系列が重要かと言えば、それは史劇作品の時代背景を知ることで、韓国歴史の大きな流れが見えてきて、韓国ドラマをより深く理解しながら韓国ドラマをより楽しむことができるからです。

史劇作品の時代背景(年代)を知ることは第一歩です。ただし、それら作品一つ一つの時代背景を知るだけでは不十分だと思います。

韓国ドラマ時代劇を時系列で見るポイント

韓国ドラマ時代劇のジャンル区分

韓国ドラマ時代劇には様々な種類の時代劇があると言われています。日本でも人気が高い韓国ドラマ時代劇ですが、韓国では次の3種類にジャンル分けされて愛されています。

  • 正統史劇
  • 統合史劇
  • 流行史劇

正統史劇

正統史劇は、日本でいうところのNHK大河ドラマに匹敵し、歴史的な史実をもとに「フィクション✕」「現代的な感覚✕」という、できる限り時代検証のエラーがでないように努力して作られていますが、結果的には時代に合わない小物や衣装が登場したりして「歴史歪曲だ」と批判されたりもする作品群です。

従って、正統史劇(昔ながらの時代劇)は現代人が見ると、理解が難しく途中に字幕やナレーションを入れながら解説しなければいけませんでした。

これらの正統史劇が中心だった1990年代は、韓国の俳優(女優)にとって正統史劇の主演を演じることは、大きなステータスでした。

その正統史劇の主役俳優(主役女優)たちの演技大賞の受賞などで裏付けられると思います。

統合史劇

統合史劇は、和洋折衷した創作料理のようなフュージョン時代劇だと言えると思います。時代劇の要素(歴史に実存した人物・話の幹)と現代劇の要素(言葉遣い・恋愛要素・エンタメ性など)を適度に融合させた時代劇です。

たくさんのMSG(うま味調味料)を加えられ、今風にアレンジされているためとっつきにくくなく、現代人が見ても共感できるように創意工夫が施された作品群だと言えると思います。

これらの統合史劇の始まりは、1999年の「ホジュン」からだと言われています。ホジュンが大ヒットしたことで、統合史劇時代の幕が開けられました。

かめ太

私も、この「ホジュン」がきっかけで韓国ドラマにハマりましたから、とても納得できる話です。

流行史劇

背景だけが時代劇で中身は現代劇と変わらないものをトレンド時代劇と言います。ここまで来ると時代検証もなにも無意味な作品群です。

ファンタジー色の強いものからSF色のものまで様々あります。

正統史劇と統合史劇は、相同器官(人間の手とアシカのヒレ)みないな関係ですが、統合史劇(フュージョン時代劇)と流行史劇(トレンド時代劇)は、相似器官(蝶の羽と鳥の翼)みたいな関係だと表現すると分かりやすいと思います。

かめ太

流行史劇(トレンド史劇)は、時代劇風の現代劇であり、ほとんど現代劇だと言えると思います。

  • (親)正統史劇→→→(子)統合史劇(フュージョン時代劇)
  • (親)現代劇→→→→(子)流行史劇(トレンド時代劇)

なので、姿かたちは統合史劇と流行史劇は似ていますが、まったくの別物だと言えます。時代劇が苦手な若い人でも、流行史劇(トレンド時代劇)なら間違いなく楽しめると思います。

かめ太

流行史劇(トレンド時代劇)は、MSG(うま味調味料)たっぷりなので美味しい、面白いと思います。

韓国ドラマ(時代劇)の時代変化から学ぶMLM成功のヒントとは?まとめ

韓国ドラマの時代劇は、時代劇という一貫性を守りながらも変化する顧客のニーズに併せながら進化・発展してきました。

時代劇という一貫性を守ってブランド化していきながらも市場の欲求に応えてきました。

私は、ネットワークビジネス副業やMLMビジネスにおいても、ネットワークビジネス副業やMLMビジネスという一貫性を守ってブランド化する企業努力と市場の欲求である勧誘チャンネルの拡大(インターネットを活用した集客)という時代にマッチした方向にシフトしていかなければ、ネットワークビジネス副業やMLMビジネスに未来はないと思っています。

ネットワークビジネス企業やMLM会社側も十分承知だとは思いますが、コンプライアンスの問題を考慮すると中々踏み切れないというジレンマを抱えているように思えてなりません。

韓国ドラマの時代劇の時代変化
  • 正統史劇
  • 統合史劇
  • 流行史劇

と3ステップで成熟してきました。

ネットワークビジネス(MLM)の時代変化
  • リアルMLM:口コミ勧誘
  • ネットMLM:ネット集客(コピペ・DM・いいねをつける単純作業中心)
  • 次世代ネット集客型MLM:ネット集客スキルを身に着けられる成長実感できる環境を備えている

の3ステップで成熟していくと考えています。

かめ太

MLM成功のヒントは、「次世代ネット集客型MLMに出会えるか」だと思います。

かめ太

最後までお読みいただきありがとうございました。

良かったら一言でもコメントをお願いします。

また、かめ太LINE公式アカウント登録もお待ちしています。

記事のシェアをしていただけましたら本当に嬉しいです。

かめ太公式アカウント長方形バナー

コメントを残す

ABOUT US

かめ太
こんにちは! ネットワークビジネス(MLM)成功に関する記事を書いてる〝かめ太〟です。過去にMLMで3000人の組織に恵まれましたが裏切り行為などを受け挫折、もうMLMでの成功は99.9%ないと諦めていたものの権利収入には未練たらたらでした。 今は運よく私と価値観の合うネットビジネスグループに出会い、個性を出しながら楽しくインターネット集客をしてます。ビジネス成功において一番重要な【人】を大切にしている人間味溢れるチームに出会えて将来に希望が持てました。本当に、感謝しかありません。一人でも多くの方とこの喜びを分かち合いたいと思います。よろしくお願いします!