かめ太が腹を割って話します!

逆転の発想でネットワークビジネスを成功させる、とっておきの手法

かめ太

記事を最後まで読まずに判断するなんて、人生最大のチャンスを失うかも知れないと本気で思っています。

世の中には、ネットワークビジネスが好きな人とMLMが嫌いな人に分かれます。

また、ネットワークビジネスを口コミ勧誘で行うのが成功の近道だと説く人と、MLMはネット集客で行うのが『急がば回れ』で結果的に成功できる堅実な道だと語る人がいます。

ここでは、『逆転の発想でネットワークビジネスを成功させる、とっておきの手法』と題してお伝えします。

対象読者は、今からネットワークビジネスに取り組もうかと考え中の方ですが、既にMLMに取り組まれている方が読まれても学びはあると思います。

かめ太

なぜなら、リアルMLMに取り組まれているネットワーカーもネットMLMに取り組まれているディストリビューターも見落としている視点からネットワークビジネスの課題を見つめて、今まで考えもつかなかった解決策を提示しているからです。

ネットワークビジネスとは

ネットワークビジネスは、MLM(マルチレベルマーケティング)のことを指します。

マルチレベルマーケティングというように、会員の紹介で組織を多段階に広げて行く販売戦略を言います。

通常のネットワークビジネスは、リアルMLMと呼ばれ、昔ながらの口コミ勧誘中心のリクルート活動をしています。

かめ太

音沙汰ない古くからの友人・知人から突然連絡が来て、『いい話があるから会わないか?』と言われて会いに行ったら、『サプリや化粧品、格安スマホや電力会社の話、旅行やアロマ』などのMLMの誘いだった…

なんてことは一度や二度は経験あると思います。

私もIT事業、通信機器、サプリ、健康食品、アロマ、浄水器、波動測定器、旅行、日用品など沢山のネットワークビジネスの話を聞きました。

ネットワークビジネス初心者がMLMの知識なしに取り組んだら痛い目に遭いますよ~。

ネットワークビジネスは簡単に取り組めるため、簡単に成功できると勘違いしやすいのですが、MLMは決して簡単に成功することはできません。

ちなみに私はどのネットワークビジネスに取り組んだ時も5人、10人、40人と紹介を口コミで出しましたが、成功の『せ』の字も拝めませんでした。

以前、やったMLMの私のアップ(紹介者)は、直紹介を200人しましたが、直紹介を4人しかしていないリーダーの半分も稼げていませんでした。

かめ太

あなたが、沢山紹介できるからネットワークビジネスで成功できると思ったら、大きな間違い・勘違いです。

直紹介が沢山できるなら、むしろ代理店ビジネスか自分の商品を販売した方が何倍も効率的で沢山稼げます。

『アムウェイビジネスでダイヤモンドになると以前は月収100万円稼げたけど、今では同じダイヤモンドのタイトルをとっても半分しか稼げない!』と、アムウェイに夢中になっている友達が語っていました。

妻のお姉さんもアメリカでアムウェイに取り組み、それなりの組織を構築し、稼いでいましたが、毎月の報酬は在庫を抱えたり、フォローアップの活動で使い切り、残るのは時々もらえるボーナスだと言っていました。

『빛좋은 개살구(ピッチョウン ケサㇽグ』という韓国の諺のように、『見た目は艶があり輝いていて良さそうだけど、中身がイマイチの野生杏子』みたいなもので、リアルMLMだと見た目ほど儲かってはいないみたいです。

ではなぜ、MLMをするのか?

それではどうして、イメージが悪く、友達を失くすとか、信用を失くすとか言われているネットワークビジネスをするのでしょうか?

日本だけでも数千社のMLM主催会社があると言われています。

もし、取り組む人がいなかったら、ネットワークビジネス主催企業は経営を維持するのも一苦労だと思います。

嫌われる理由を挙げたらキリがないので省きますが、ネットワークビジネスにはMLMだけの魅力があります。

この魅力ゆえに、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ、アメリカ元大統領のドナルド・トランプ、『金持ち父さん、貧乏父さん』の著者ロバート・キヨサキも、もし一文無しになったら何をするか?と尋ねられた時に迷わずMLMを始める、と答えたのだと思います。

また、世界一の投資家ウォーレン・バフェットもMLM会社に投資したのだと思います。

かめ太

これらの成功者たちがネットワークビジネスに注目するのは、特別な知識、能力、経験、スキル、資金力なしにローリスクで、月収7桁8桁というハイリターンが目指せるビジネスモデルだからでしょう。

 インターネット検索すれば、MLMに対する悪い記事が沢山ヒットしますが、それはネットスキルのある人たちが、ネットワークビジネスに対する悪口を書いてアクセスを集めて自分のビジネスを紹介しようとしているからに他なりません。

悪事千里じゃないけど、悪い噂はウソでも広がりやすいもので、ましてネットワークビジネスには本当の問題・課題が山積みな厄介なビジネスモデルであるため、叩きやすいビジネスモデルなのです。

かめ太

私もネットワークビジネスに対する悪い記事を書けと言われたら、いくらでもスラスラと書けると思います。

誰でも現在の自分の立ち位置から都合の良いように情報発信するので、絶対善とか絶対悪などはないと思っています。

まあ、どちらにせよネットワークビジネスは成功の道具なので、使い方次第だと思いますし、人を傷つける危険性があるなら傷つけない対策をすれば良いだけだと思います。

ネットワークビジネスのメリットである『権利収入』『ローリスクハイリターン』は、マネタイズに最適だと思います。

しかし、確かに広め方を誤ると問題が起こるのも事実ですし、簡単に紹介の連鎖が起きないのも課題でしょう。

中々難しいので、ネット展開しているMLMチームが少ないのでしょうね。

視点を変える逆転の発想とは?

ネットワークビジネスは、商品の愛用者を会員が口コミで広げて、広がった組織の大きさに応じて報酬が得られるというスタンスをとっていますが、愛用者を集めるこの方法だとリアルMLMの口コミ勧誘に軍配が上がりそうですが、なかなかビジネスメンバーを発掘できないという課題もあります。

かめ太

100人の愛用者より。100人を率いることができる1人のリーダー(ビジネスメンバー)が必要だという言葉の通り、リーダーを発掘しないと、あなたの成功はまずありません。

ですから、ネットワークビジネスであなたが成功したいなら、MLMで成功したいビジネス志向のメンバーを集めて、仲間に加わってもらう必要があります。

かめ太

『物売り』ではなく『稼げる仕組み』を一緒に創って行きませんか?という発想・視点です。

通常のネットワークビジネスは、各人が自馬力で紹介活動を頑張り、アップの目線で見たら、あなたはアップの多馬力要員となります。

このような競争ビジネスの戦場は、レッドオーシャンとなりやすく、実力主義・弱肉強食の厳しいビジネスとなります。

だから、誰でも参入できるけど誰でも成功できないのです。

かめ太

私は競争ビジネスはいずれ終焉を迎え、共創ビジネスに世の中はシフトしていくと思っています。

みんなで一緒にお金を稼ぐほうが楽しくないですか?

WinWinという言葉で根本課題を誤魔化すことなく真正面から課題克服の策を考えてこそ道は拓けると思います。

確かにネットワークビジネスは、多馬力というレバレッジ(テコの原理)が働きます。

かめ太

しかし、多馬力が働く前にずっと自馬力で0→1を超えなければならない根本課題があります。

この0→1を共に乗り越えようという他馬力の視点が、今までのネットワークビジネスにはなかった逆転の発想ではないでしょうか?

他馬力のメリットは〝ノースキルでも稼げる〟点です。

他馬力の問題点・弊害

他馬力を強調し過ぎると、他力本願の人ばかりが集い、依存傾向が強いため組織の推進力が低下してしまいます。

あくまでも、自力本願ベースで自分で仕組み化を図って行く、自分の力で成功するという意識は必要です。

この辺のさじ加減がとても難しい部分だと思います。

かめ太

意識の高いメンバーが集まりながら、且つ助け合いの精神で共に集客の仕組みの完成度を高めて行ければ、きっと皆で成功できると信じています。

あくまでも他馬力の部分はおまけ程度に考えていただき、自馬力に専念してもらうことが好ましいです。

そして、アイデアを出し合いながら、チーム戦略やさまざまな企画を創って行くのが理想的かなと思います。

まとめ

リアルMLMしかネットワークビジネスの成功はないと語る人は、ネットスキルとネットリテラシーが不足でネット集客の成功体験をする前にあきらめてしまった方だと思います。

かめ太

確かにネットMLMは容易ではありません。

集客の仕組みを作るのにかなり時間と労力がいるからです。

しかし、0→1を突破した瞬間、リアルMLMでは想像もできないようはことが起こり得るのがネットMLMです。

かめ太

0→1できれば、1→10も10→100も可能になるのがネットMLMの最大のメリットだからです。

ネットMLMに取り組んでいる人からしたら、リアルMLMは失うものが多過ぎると見えてしまいます。

友達、お金、時間、労力、信用など失う可能性の高い口コミ勧誘をしなければならないため、ハイリスクだと言えます。

誤解を理解に変えるのがネットワークビジネスだとするならば、納得してもらったり説得しようとしてしまいがちです。

しかし、人間は理屈よりも感情を優先させるため、悪い感情を論理的な説明でひっくり返すのは至難の業だと思います。

たまたま上手く行く場合もあるでしょうが、失敗したら人間関係に深いヒビが入り修復不可能になりかねません。

かめ太

勘定は確かに大事ですが、感情がもっと大事だと思います。

お金のために人の心を失ってはいけないと思います。

また、会社や商品や報酬プランは確かに大切ですが、あなたが身を置く環境が大事です。

かめ太

居心地の悪いチーム、成長できないチーム、乱暴なリーダーが率いるチームだと感じたら、別のMLMチームに移るのをおすすめします。

ネットワークビジネスは、ヒューマンネットワークというように人の心と心を繋げるビジネスです。

かめ太

人を大切にしないチームでは絶対に成功できませんので、そこはご注意くださいね!

最初だけ親切で後で豹変するリーダーもいますから注意してください。

MLMは、月収100万1000万という結果だけを重要視して取り組むとキツイと思います。

過程を重要視してワクワクしながら取り組まれると楽しく長続きすると思います。

かめ太

一朝一夕には成果はでません。

焦らずに、一段一段ステップアップしながら、足を踏み外すことなく目標に近づいて行きましょう!

間違いなく、どのビジネスよりも人間としての成長が期待できるビジネスだと思います。

ネットワークビジネスを人生逆転のチャンスとするかしないかは、全てあなた次第です。

MLMにはあなたの人生を変えるくらいのパワーが確かに潜んでいると思いますが、それを獲得できるかはあなたの行動次第だと言えるでしょう。

ネット集客のウソ・ホント

インターネットで『簡単に集客できる』と発信している人がいたら、嘘つきですね。

かめ太

思った以上にハードルは高いと正直思っています。

特にSEO対策して集客するブログなどは難しいですね。

但し、全くお手上げかというと実はそうではなく方法はあります。

再現性をどれだけ高められるかが鍵と言えば鍵ですが、リアルの口コミ勧誘に比べたら、ストレスフリー、且つローリスクなので、私はネット集客一択です。

やろうと思えばリアルもできますが、伝えた相手ができなければ意味がないので、自分ができるできないよりも、伝えた相手基準で考えたらネット集客に軍配があがります。

かめ太

リアル口コミ勧誘よりネット集客のほうが再現性が高いと思うからです。

しかし、ネット集客チームは限られていて、ネットワークビジネス主催会社も数少ないので、大事なことは『チーム選び』だと思います。

かめ太

いかに成功までの道案内をしっかりしてくれるチームに所属できるかで、あなたの成功は決まると思います。

私は、私のアップの成功システムを活用させてもらいながら、アップのサポートも受けながらビジネス展開できています。

そして、私から始まるグループでは、『次世代戦略』で一緒に成功目指して行けるような企画を用意しました。

それが『共創企画』です。

ムーブメントになるまではKOできるほどのパワーはないかも知れませんが、ボディブローのようにジワジワ効いて来るので、臨界点を超えたら一気に爆破すると信じています。

私は、この共創企画に賛同してくれる人をこのブログ以外でも募集し始めています。

かめ太

ネットワークビジネスにおいて確かに自分の努力は大事でしょう。

汗水垂らして死に物狂いで櫓をこぐのは素晴らしいと思います。

しかし、それをしのぐのが『風』に乗ることだと思います。

追い風を受けながら櫓をこげば、少ない労力で皆が一緒に目的地に早く着けます。

体格差により個人の能力には差が現れますが、風を受けたら能力の高い人も低い人も一緒に目標地に着けるのです。

なんて素晴らしいことでしょう!

最短最速でMLM成功目指したいなら次の記事は必読です

MLMを超えるCCM【次世代戦略】共創企画〝追い風〟
かめ太

最後までお読みいただきありがとうございました。

良かったら一言でもコメントをお願いします。

また、かめ太LINE公式アカウント登録もお待ちしています。

記事のシェアをしていただけましたら本当に嬉しいです。

無料のLINE自動化ツール
『プロラインフリー』
公式LINE自動化ツール。通常月額2万円以上する機能が全て無料で使えます。

コメントを残す

ABOUT US

かめ太
こんにちは! ネットワークビジネス(MLM)成功に関する記事を書いてる〝かめ太〟です。過去にMLMで3000人の組織に恵まれましたが裏切り行為などを受け挫折、もうMLMでの成功は99.9%ないと諦めていたものの権利収入には未練たらたらでした。 今は運よく私と価値観の合うネットビジネスグループに出会い、個性を出しながら楽しくインターネット集客をしてます。ビジネス成功において一番重要な【人】を大切にしている人間味溢れるチームに出会えて将来に希望が持てました。本当に、感謝しかありません。一人でも多くの方とこの喜びを分かち合いたいと思います。よろしくお願いします!